トップページ > 街づくりのご提案 > 市町村の方々へのご提案

 

沿道整備街路事業は、様々な沿道地権者のニーズをできるかぎり反映し、幹線道路の早期整備と、
これに併せた沿道区域の一体的なまちづくりの実現を可能にします。


 
街路事業における新規手法の導入
健全な都市活動を支える根幹となる都市基盤施設の整備は、都市の自立に向けた必要不可欠な施策です。
なかでも幹線道路網の構築は、都市活動を営む人・モノの円滑な移動、地域間の連携促進や、 市街地の適正な土地利用・都市機能集積を促す上で、最重要な公的課題であり、早期の対応が求められています。

一方、地権者ニーズは多様化しており、市街地整備を促進するためには、現地残留希望や代替地希望、 共同化希望等、沿道地権者の意向に柔軟に対応することが必要となっています。



〇 沿道整備街路事業の事業方式
@
 公共団体が同意施行土地区画整理事業を行う。
A
 街路の公共施設管理者負担金制度により補助金を導入する。
B
 減価補償の範囲で、売却希望地を先行取得することができる。
C
 売却希望土地も含めて事業区域とした上で、現地残留、代替地希望土地については玉突き換地を
 行い、道路用地を確保する。
 

〇 沿道整備街路事業の利点・注意点
@
 地権者の要望に柔軟に対応できる手法であるが、綿密な意向調査が重要。
A
 街路の減価補償地区であることが条件。
B
 敷地レベルで事業区域を設定したり、飛び地を区域に設定することもできる。
C
 先行買収により減歩率はかなり低い。

 
 
今までは、事業者としてさまざまなリスクを覚悟した上で事業準備をされていたのではありませんか?
「換地手法による開発事業」により回避できるリスクがあります

但し、換地手法による交換分合は特殊な手法であるため、手馴れたスタッフが実施しないと、
事業期間延伸、事業費増大、裁判沙汰等を招く危険もあることを肝に銘じる必要はあります。

詳細につきましては、課題点も含めてご説明に参りますのでメールまたはTELにてご連絡ください。