トップページ > 街づくりのご提案 > 行政の方々へのご提案

 

一般整備における問題点の解決策として 「連鎖型開発方式」を取り入れてみませんか?
密集市街地において効率的かつ機動的な事業実施を図ることができます!


これまでの市街地再整備事業は、地区全域を一気に整備する手法を利用していたため、 地区内所有者・居住者の合意形成を図るため多くの時間と労力を必要としてきました。
今後は密集市街地における効率的かつ機動的な事業実施を図るため、連鎖型開発方式による事業システムの構築を検討することが得策です。

具体的には、開発ポテンシャルを有する一団の地区整備を図るため、まず地区内の学校跡地等の公共空閑地等を利用して一次造成を行い 代替地を整備します。

その上で周辺の地権者を換地方式(戸建住宅地の場合)、権利変換方式(集合住宅の場合)により移転させ、 その地権者が移転した跡地を次の整備地区の種地として連鎖的に利用する手法です。

この場合、種地に高容積率を指定することで保留地又は保留床の処分による事業費の捻出と、 当初の空閑地を上回る面積を次期種地として順次創出することが可能となります。

また併せて、従前居住者用住宅の確保、低廉な代替地の供給のほか、最終的には余剰の空地を公園緑地等として活用することも可能となります。

 
 
@ 既成市街地の再編
○都市の拠点形成
 遊休地の活用
 新都市拠点の形成
 大規模業務核都市の形成
 拠点開発
 (商業、住宅、アミューズメント等)
○都市の再生・再構築
 中心市街地の活性化
 中心市街地の再構築
 商業業務系市街地の形成等
 地震火災等の災害復興・防災
 震災・戦災・火災の復興支援
 密集市街地の解消等
A 新市街地の形成
○住宅団地、ニュータウン開発等
○工業団地や学術研究都市の整備等
○商業・業務・流通などの新市街地開発等

 
B 鉄道整備関連
○新幹線・整備新幹線・鉄道新線、新駅設置
 鉄道事業と一体となった周辺まちづくり
○鉄道の高架化、地下化
 連続立体交差事業など鉄道の立体化と一体となった周辺まちづくり

 
C 道路整備関連
○高規格・地域高規格道路
 地域高規格道路等と一体となったまちづくり
 インターチェンジ整備に伴う周辺整備
D 河川・港湾など
○スーパー堤防事業
○港湾事業
○住宅事業等

提案の詳細につきましては、メールまたはTELにてご連絡ください。
ご提案書を送付させていただいた上、ご説明にまいります。